商品カテゴリ一覧 > カリフォルニア・イタリア・他 > カリフォルニア(アメリカ) > カリフォルニアその他 > オクシデンタル ピノノワール キュヴェ キャサリン ランニング フェンス ヴィンヤード 2017 生産者蔵出し ピノ ノワール カリフォルニア 赤ワイン


ヴォーヌ・ロマネのグランクリュと見まがう、キスラーのオクシデンタル オクシデンタルは「カリフォルニアのシャルドネ王」と称えられるキスラー氏が「世界と肩を並べるピノノワールを造る」という決意のもとで冷涼なソノマ・コーストの中でもとりわけ涼しいトゥルー・ソノマ・コーストの地オクシデンタルで始めた家族プロジェクトです。カリフォルニアのヴォーヌ・ロマネと称されるソノマ・コーストの地で創設しました。このオクシデンタルは、スティーヴ・キスラー氏の2人の娘たちであるキャサリンとエリザベスと共にワインを造っています。2人の名前はキスラー時代から特別なキュヴェに使われていました。オクシデンタルの最上級キュヴェにも、2人の娘たちの名前が付けられています。


世界と肩を並べるピノノワール 1980年代初頭にブルゴーニュのあるグラン・クリュから持ち込まれたピノ・ノワールを、綿密なフィールド・セレクション(畑の特徴を見極め最適な樹を組み合わせる手法)により植樹。さらに、オクシデンタルに適しているかを見極めるために、単一の母株として繁殖させ果実の重さ、果実同士の間隔、果皮の厚さ、房の形状、ヴィンテージに左右されない安定した収量や品質を徹底的に調べ上げていきました。そして、その後数年に渡り最適と思われるブドウ樹を選び出し、少量ずつワインを製造。出来上がったワインの果実味、透明度、色合い、酸味、質感、ボリュームなどのチェックを行いさらに厳選し、優良な株を増やしていくという地道な努力を繰り返しました。こうした長年の積み重ねにより、偉大なブルゴーニュに迫る、自社畑の個性を色濃く反映したピノ・ノワールを造りました。
偉大なブルゴーニュ産ピノ・ノワールを彷彿させる仕上がり このように栽培から醸造まで手間を惜しまず緻密に造り込まれたワインは、アルコールによるインパクトと過剰に付与されたアロマが抑えられ、畑の個性を色濃く反映。カリフォルニアの多くの生産者の憧れである、偉大なブルゴーニュ産ピノ・ノワールを彷彿させると各評価誌で高い評価を受けています。


オクシデンタル ピノノワール キュヴェ キャサリン ランニング フェンス ヴィンヤード 2017 生産者蔵出し ピノ ノワール カリフォルニア 赤ワイン
オクシデンタル ピノノワール キュヴェ キャサリン ランニング フェンス ヴィンヤード 2017 生産者蔵出し ピノ ノワール カリフォルニア 赤ワイン

【パーカーポイント 96点】
オクシデンタル ピノノワール キュヴェ キャサリン ランニング フェンス ヴィンヤード 2017 生産者蔵出し ピノ ノワール カリフォルニア 赤ワイン

NEW!!

商品番号 2012-1-088

通常価格30,800円のところ
販売価格
27,800円(税込)

[278ポイント進呈 ]

ギフト箱(有償)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

  • 友達にメールで知らせる
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


生産者オクシデンタル
Occidental

ワイン名ピノ ノワール キュヴェ キャサリン ランニング フェンス ヴィンヤード
Pinot Noir Cuvee Catherine Running Fence Vineyard

ヴィンテージ2017

容量750ml

解説パーカーポイント: 96点
予想される飲み頃:2020 - 2035


The 2017 Pinot Noir Running Fence Vineyard Cuv?e Catherine comes from the first sections Steve Kistler planted at his Occidental property beginning in 2012. It has a medium ruby color and opens with notes of graphite over dried violets, blood orange, saline and licorice. The palate manages full, perfectly ripe fruit character with loads of nuance and liveliness, finishing long, layered and uplifted.
(July 2020 Week 3, The Wine Advocate, 24th Jul 2020)