勝田商店 公式通販サイト KATSUDA本店
  • ホーム
  • 新入荷
  • ロマネコンティ
  • 支払・送料
  • 理念
ホーム

当店の商品は、信頼のおける取引先より仕入れ、厳重に温度管理された状態で輸入・保管しております。

【当店からの連絡メールについて】
一部のお客様より、ご注文後、当店からのメールが届かないというご報告を受けております。
ご注文後、当店からのメールが届かない場合は、 迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認くださいませ。
迷惑メールフォルダにも入っていない場合は、誠に恐れ入りますが、当店までご連絡頂きますようお願い申し上げます。
【配送に関するお知らせ】
天候不良に伴う遅延により、
一部地域でお荷物の配達に遅れが生じる可能性がございます。
詳しくは各運送会社ホームページをご確認ください。



商品カテゴリ一覧 > フランス > シャンパーニュ > 生産者 ア行 > エグリ・ウーリエ > エグリ ウーリエ グラン クリュ ミレジメ 2011 Egly Ouriet Grand Cru Millesime フランス シャンパン シャンパーニュ

エグリ ウーリエ
Egly Ouriet

親友アンセルム・セロスと並んで、栽培醸造家の2大巨頭

フランシス・エグリは、畑の鬼と呼ばれています。バカンスはとらない。パリにも出かけない。遅く摘むブドウの収穫時の潜在糖度は、軽く11度を超します。スティルワイン並みです。「泡を造るのは技術だ。いいワインを造るのに全力を注ぐ」。同じ考えの親友アンセルム・セロスと並んで、栽培醸造家の2大巨頭と言える存在です。

熟したブドウとリザーヴの多さと長い熟成期間

エグリ・ウーリエは遅摘みで力のある果実にこだわります。果実の力があるので新樽は吸収され、フレッシュ感を保つため、バトナージュもマロもしません。コンクリート製のモダンな熟成庫の地下2階は10度を切る低温です。清澄、濾過、低温安定化処理をせずに、7月に瓶詰めする。長期間の発酵と小樽熟成から優れたワインが生まれるのです。

【パーカーポイント 95点】
エグリ ウーリエ グラン クリュ ミレジメ 2011 Egly Ouriet Grand Cru Millesime フランス シャンパン シャンパーニュ

NEW!!

商品番号 2108-1-223-s

通常価格33,000円のところ
販売価格
27,800円(税込)

[278ポイント進呈 ]

ギフト箱(有償)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

  • 友達にメールで知らせる
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品イメージ

商品イメージ商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next



グラン クリュ ミレジメ
Egly Ouriet Grand Cru Millesime 2011


瓶内熟成99か月。ゴージャスなミデイアムボディの味わい。
グランクリュ・ミレジム2011はレモンオイル、黄色の花、マンゴ、ペイストリー、清涼感があり、チョーキーなテクスチャー、ゴージャスなミデイアムボディです。

ドザージュが1g/Lとは思えない甘やかさと丸みを帯びています。ハーモニーがあり、横に広がるスケールの大きさがあります。塩気とうまみの乗った味わいです。アンボネイのピノ・ノワール70%、シャルドネ30%。樽発酵・熟成。瓶内熟成は99か月間。デゴルジュマンは2020年10月。早くから楽しめるキュヴェです。



生産者エグリ ウーリエ
Egly Ouriet

ワイン名グラン クリュ ミレジメ
Grand Cru Millesime

ヴィンテージ2011

容量750ml

解説パーカーポイント: 95点
予想される飲み頃:2021 - 2040


Disgorged in July 2020 with only one gram per liter dosage, Francis Egly's 2011 Brut Grand Cru Millesime is a brilliant wine from a frequently dismissed vintage. Unfurling in the glass with scents of golden orchard fruit, buttery pastry, dried mango, clear honey and praline, it's full-bodied, muscular and vinous, with a broad, textural attack that segues into a deep, concentrated core. Built around bright acids and complemented by a pinpoint mousse, it concludes with a long, sapid finish. In a blind tasting, this is one of a small handful of wines that would be unrecognizable as 2011s, a year that was evidently an acid test for Champenois viticulturists.
(Issue 254 End of April 2021, The Wine Advocate, 1st May 2021)


エグリ ウーリエ一覧へ