【パーカーポイント 100点】
シェーファー カベルネ ソーヴィニヨン ヒルサイド セレクト 2012 Shafer Cabernet Sauvignon Hillside Select アメリカ カリフォルニア 赤ワイン

商品番号 1901-1-125
[ 4,950 ポイント進呈 ]
  • 送料無料
クール便対応可能
販売価格 ¥ 99,000 税込
メンバー価格 ¥ 88,000 税込
送料込
在庫数 2

Cabernet Sauvignon Hillside Select

ナパバレーのスタッグス リープ ディストリクトにある起伏の多い丘の中腹のブドウ畑から収穫されたブドウで造られる、クラシックで贅沢なカベルネ ソーヴィニヨン。生産量は極少なく、15%を超える高いアルコール度、凝縮した果実味あふれるモダンスタイルながら、スパイスや土など複雑な香りが漂い、しっかりとしたストラクチャーが高い次元で味わいをまとめあげている完璧なワイン。

生産者
シェーファー
Shafer
ワイン名
カベルネ ソーヴィニヨン ヒルサイド セレクト
Cabernet Sauvignon Hillside Select
ヴィンテージ
2012
容量
750ml
解説
パーカーポイント: 100点
予想される飲み頃:2016 - 2046

Shafer’s flagship wine, and one of the world’s greatest Cabernet Sauvignons, is the Hillside Select, which comes from the rocky, volcanic soils on hillsides above the winery. Vineyard production is small, and the wine an incredible example of Cabernet Sauvignon. Aged in 100% new oak for 32 months and bottled unfiltered, this can generally be expected to be one of the top dozen or so Cabernet Sauvignons in virtually any vintage in Napa, and certainly possesses 25 to possibly 50 years of aging potential. The 2012 Cabernet Sauvignon Hillside Select is a perfect wine. It elicits more than a few “wows” when you smell the incredible notes of charcoal, graphite and subtle toast, buttressed and dominated by blackcurrant, blackberry and blueberry fruit. The purity of these fruits, the multidimensional mouthfeel, the seamless integration of acid, alcohol, tannin and wood are all flawless. The 2012 signature adds an extravagant opulence and density that is just mind-boggling, and the wine is a total hedonistic and intellectual turn-on already, although it has 30+ years of life ahead of it.
(227, The Wine Advocate 29th Oct 2016)

ロバート・パーカー氏から「世界で最も偉大なワイナリーのひとつ」に選ばれたワイナリー

シェーファー Shafer

1972年にジョン・シェイファーは、23年間の出版業界でのキャリアを捨て、ワインメーカーに転身しました。スタッグス・リープにある210エーカーの土地を購入したシェイファー家は、岩だらけの急峻な畑で作業を始め、1920年代に植えられた既存のブドウ畑の植え替えを行い、最終的にはブドウ畑の面積を現在の50エーカーにまで拡大しました。現在では、ヴァレー全域のにブドウ畑を所有しており、スタッグス・リープに79エーカーの最大の敷地を持っています。また、スタッグス・リープの南、ヴァカ山脈の麓に60エーカー、カーネロスに66エーカーの畑を所有しています。

ジョンと息子のダグ、そしてワインメーカーのエリアス・フェルナンデスは、自らを農家と呼び、それを誇りに思っています。ダグは、カリフォルニア大学デービス校で醸造学とブドウ栽培の学位を取得した後、1983年にワインメーカーに就任しました。
その1年後、イライアス・フェルナンデスがアシスタント・ワインメーカーとしてワイナリーに加わっています。ダグとエリアスは、緊密に協力し、品質、一貫性、エレガンスというシェーファーのスタイルを確立しました。

また、1989年に畑を引き継いだダグは、土壌が疲弊していたことからオーガニック技術を畑に取り入れ始めました。
当時は「オーガニック」栽培という農法はまだあまり知られておらず、横目で見られる時代でした。

また、ナパ・ヴァレーで最も早く太陽光発電のみを導入したワイナリーのひとつとしても有名で、環境に配慮した持続的な農法を実践しているワイナリーです。

ダグとエリアス、そしてシェーファーのチームの努力によって、量と質を兼ね備えた数少ないカリフォルニアのワイナリーのひとつとして認知され、消費者から非常に高い人気を得ています。

ワイン専門誌「Wine & Spirits」で世界のトップ25のブドウ畑のひとつに、そして、ロバート・パーカーからは「世界で最も偉大なワイナリーのひとつ」に選ばれています。 代表的なワインであるHillside Selectをはじめとするシェーファーのワインは、世界中のコレクターに愛され、一流ホテルやレストランのワインリストに掲載されています。


シェーファー 一覧へ