商品カテゴリ一覧 > シャトー・ラフィット・ロートシルト > ラフィット 1970〜1989 > シャトー ラフィット ロートシルト 1975 キャップシール不良 ラベル不良 ロスチャイルド フランス ボルドー 赤ワイン

シャトー ラフィット ロートシルト 1975 キャップシール不良 ラベル不良 ロスチャイルド フランス ボルドー 赤ワイン
シャトー ラフィット ロートシルト 1975 キャップシール不良 ラベル不良 ロスチャイルド フランス ボルドー 赤ワイン
シャトー ラフィット ロートシルト 1975 キャップシール不良 ラベル不良 ロスチャイルド フランス ボルドー 赤ワイン

【パーカーポイント92点】
シャトー ラフィット ロートシルト 1975 キャップシール不良 ラベル不良 ロスチャイルド フランス ボルドー 赤ワイン

商品番号 18045-003b

通常価格129,800円のところ
販売価格
96,800円(税込)

[968ポイント進呈 ]

[ 送料込 ]

ギフト箱(有償)

在庫数:1

数量
  • 友達にメールで知らせる
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


1975 シャトー・ラフィット・ロートシルト
Chateau Lafite Rothschild

容量:750ml

パーカーポイント:92
予想される飲み頃:1996-2026

Why is it that Lafite-Rothschild is often so distressingly irregular from bottle to bottle? Much of the inconsistency during the sixties and mid-seventies can be explained by the relaxed bottling schedule, which saw the wines blended and bottled over an unusually long period (12+ months, compared to the estates modern day bottling operation that never takes longer than 2-4 weeks). I have had some great bottles of the 1975 Lafite, most of them in the wines first 15 years of life. Since then, I have seen wines that appeared cooked and stewed, with a Barolo tar-like aroma, as well as others with the classic Pauillac, lead-pencil, cedar, cassis, and tobacco aromatic dimension. The 1975 is a powerful Lafite, and troublesome bottles tend to reveal more tannin and funkiness than others, which have a roasted character, combined with a gravelly, mineral underpinning. As this wine has aged, it appears to be less of a sure bet. In most cases, it has been an outstanding wine, as the bottle tasted in December suggested. The aromatics indicate the wine is fully mature, but the tough tannin level clearly underscores the dark side of the 1975 vintage. This wine will undoubtedly last for another 30+ years, but I am not sure the fruit will hold. It is a perplexing wine that may still turn out to be an exceptional Lafite. In contrast, the 1976 has always been much more forward and consistent. However, I would still take the 1975 over the overrated, mediocre 1970, 1966, and 1961.
(103, The Wine Advocate 23rd Feb 1996)