【ワインスペクテーター 91点】
ロテム エ ムニール サウマ ( ルシアン ル モワンヌ ) コート デュ ローヌ ヴィラージュ ルージュ イノピア 2018 Rotem & Mounir Saouma ( Lucien Le Moine ) Cotes du Rhone Villages Rouge Inopia フランス ローヌ 赤ワイン

商品番号 2011-1-204
[ 193 ポイント進呈 ]
クール便対応可能
販売価格 ¥ 3,850 税込
メンバー価格 ¥ 3,080 税込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

若々しくエネルギッシュな1本

ラテン語で”Inopia”とは「何もない」を意味し、サウマ氏のワイン製造の手法と土地のイメージ両方を表しています。新鮮なラズベリーとさくらんぼの濃縮したフレーバーとラベンダーの香り。

【品種】
グルナッシュ
ムールヴェードル
シラー
サンソー
クノワーズ

生産者
ロテム エ ムニール サウマ(ルシアン ル モワンヌ)
Rotem & Mounir Saouma(Lucien Le Moine)
ワイン名
コート デュ ローヌ ヴィラージュ ルージュ イノピア
Cotes du Rhone Villages Rouge Inopia
ヴィンテージ
2018
容量
750ml
解説
ワインスペクテーター: 91点
予想される飲み頃:2021 - 2024

Pretty mesquite and red tea aromas lead off, followed by silky red cherry and raspberry fruit. Shows a light garrigue hint through the finish, as the perfume just lingers and lingers. Small in scale, but extremely stylish. Drink now through 2024.
(Wine Spectator, Issue Aug 31, 2021)

「ブルゴーニュの鬼才」がローヌの地で手掛ける至高のワイン

ロテム エ ムニール サウマ Rotem & Mounir Saouma

ブルゴーニュのトップネゴシアン、ルシアン・ル・モワンヌ(Lucien le Moine)。
そのオーナーのムニール・サウマ氏は、畑の所有者よりもテロワールに精通し「ブルゴーニュの鬼才」と称されるほどの人物です。

そのサウマ氏が、2009年に妻のロテム夫人と共にローヌの地で新たに設立したのが、
ロテム&ムニール・サウマ(Rotem & Mounir Saouma)です。ブルゴーニュでは他のドメーヌのワインを買い付けて、熟成・瓶詰を行うネゴシアンとして活躍していますが、ローヌでは自ら畑を購入し、ブドウの栽培から熟成までを一貫して行っています。

各ワイン評価誌からの評価も高く、当店で取り扱っている「シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ アリオソ 2015年」はワインスペクテーター98点を獲得。その他の銘柄も90点以上を取っており、クオリティの高さは折り紙付きです。

「自然」を尊重したワイン造りへのこだわり

彼らのワイン製造は他の一般生産者と大きく異なっています。なんと、醸造中に亜硫酸を添加せず、また、酸化を避けるために澱引きも一切行いません。極力人の手を加えない自然な状態で、2~3年もの間、密閉したまま樽熟成を行います。

こうした方法は非常にリスクが高く、品質を安定させることは容易ではありません。しかし、こうした彼らの信念とも言える、自然に対する「こだわり」が、エレガントで複雑かつ、ローヌのテロワールを忠実に表現した至高のワインを生み出しているのです。

無濾過(ろか)・無清澄にて瓶詰めされるため、抜栓前のボトルには二酸化炭素が多く含まれています。そのため、飲む前に必ずデキャンタすることをサウマ氏は推奨しています。たくさんの空気と触れ合うことで、ずっと眠っていたワインが目覚め、本来のポテンシャルが発揮されます。


ロテム エ ムニール サウマ 一覧へ