勝田商店 公式通販サイト KATSUDA本店
  • ホーム
  • 新入荷
  • ロマネコンティ
  • 支払・送料
  • 理念
ホーム
【配送に関するお知らせ】
オリンピック開催、天候不良に伴う遅延により、
一部地域でお荷物の配達に遅れが生じる可能性がございます。
詳しくは各運送会社ホームページをご確認ください。


商品カテゴリ一覧 > ロマネコンティ > ロマネコンティ ロマネコンティ 2005 正規品 ロマネ・コンティ DRC ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ コンティ

ロマネコンティ ロマネコンティ 2005 正規品 ロマネ・コンティ DRC ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ コンティ
ロマネコンティ ロマネコンティ 2005 正規品 ロマネ・コンティ DRC ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ コンティ
ロマネコンティ ロマネコンティ 2005 正規品 ロマネ・コンティ DRC ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ コンティ

【パーカーポイント (99 - 100)点】
ロマネコンティ ロマネコンティ 2005 正規品 ロマネ・コンティ DRC ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ コンティ

NEW!!

商品番号 1810-3-009b

通常価格3,938,000円のところ
販売価格
3,388,000円(税込)

[33,880ポイント進呈 ]

[ 送料込 ]

ギフト箱(有償)

在庫数:1

数量
  • 友達にメールで知らせる
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


※30万円以上の商品のお支払い方法に関しまして

価格が30万円以上の商品につきましては、代金引換はご利用できません

(※システムの都合上、代金引換を選択する事はできますが、運送会社が30万円以上の代金引換に対応しておりません。)

誠に恐れ入りますが、30万円以上の商品につきましては、代金引換以外のお支払い方法を選択して頂きますようお願い申し上げます。




生産者ドメーヌ ド ラ ロマネ コンティ
DRC

ワイン名ロマネコンティ
Romanee Conti

ヴィンテージ2005

容量750ml

解説パーカーポイント: (99 - 100)点
予想される飲み頃:NA


There are more startling complexities in the 2005 Romanee-Conti than in any other wine here today, perhaps in the vintage. A stunning, high-toned and utterly unique perfume of pink grapefruit, blood orange, tangerine rind, vivid rose petal, musk, cinnamon, sage, and cassis seduces the olfactors in kaleidoscopic rotation. I hesitate to court sacrilege or ridicule with Germanic allusions but it is impossible not to imagine a great Pinot scented with Gewurztraminer and Scheurebe. On the palate, a pure, clean meatiness emerges, like butchering a meadow-fed lamb, bitter-sweet flowers flying forth in an inner-mouth profusion. Soy and black truffle lend a dark, savory note to the proceedings, leading the long finishing procession over a path strewn with rose petals. Fear not: despite its silken texture, there are abundant tannins woven into this amazing tapestry as well, and I am sure those lucky enough to own some can retain it as collateral, then leave it to their children, safe in the knowledge it has not decayed. Reverential drinking after a dozen or more years would, however, be my preference.
(170, The Wine Advocate, 30th Apr 2007)