勝田商店 公式通販サイト KATSUDA本店
  • ホーム
  • 新入荷
  • ロマネコンティ
  • 支払・送料
  • 理念
ホーム

当店の商品は、信頼のおける取引先より仕入れ、厳重に温度管理された状態で輸入・保管しております。

【当店からの連絡メールについて】
一部のお客様より、ご注文後、当店からのメールが届かないというご報告を受けております。
ご注文後、当店からのメールが届かない場合は、 迷惑メールフォルダに入っている場合がございますので、ご確認くださいませ。
迷惑メールフォルダにも入っていない場合は、誠に恐れ入りますが、当店までご連絡頂きますようお願い申し上げます。
【配送に関するお知らせ】
天候不良に伴う遅延により、
一部地域でお荷物の配達に遅れが生じる可能性がございます。
詳しくは各運送会社ホームページをご確認ください。



商品カテゴリ一覧 > フランス > シャンパーニュ > 生産者 ラ行 > ルイ・ロデレール > クリスタル > ルイ ロデレール クリスタル 2012 ルイロデレール ルイ・ロデレール Louis Roederer Cristal フランス シャンパン シャンパーニュ 新入荷


 ルイ・ロデレールは1840年代に畑の購入を始めました。クリスタルの区画はロシアの皇帝アレクサンドル2世の特注を受けて造り始めた時から変わっていません。後にグランクリュに格付けされた、チョーク質の強い最高の畑です。

 ≪View larger≫
2006年からビオディナミへの転換を始め、クリスタル2008年のロゼはすべて、ビオディナミのブドウから造られました。2012年になって、クリスタルもロゼも100%ビオディナミのブドウから造られるようになりました。これによって品質がさらに上がりました。

クリスタルの魅力はチョーキーなミネラル感を伴うフィネスと、驚くほど熟成するエネルギーにあります。20年は楽に進化します。クリュッグのように熟成してからリリースするスタイではなく、比較的早めにリリースされます。その時点でもおいしいのですが、何本か購入して寝かせるのも楽しみです。
 

 2000年代のヴィンテージの評価をまとめます。基本的に高得点ですが、2006年以降ぐっと評価が高まっています。もちろん、それ以前のものは発展して、別の世界を見せてくれます。
VTWA(RP)VinousVTWA(RP)Vinous
201297+98 20129898+
200995+96 200996+97
20089899 2008100 99
20079597+ 2007-97
20069597 20069698
20059394 200593-
20049797 20049698+
20029697 2002100 98
20009592 200095 93

【パーカーポイント 97+点】
ルイ ロデレール クリスタル 2012 ルイロデレール ルイ・ロデレール Louis Roederer Cristal フランス シャンパン シャンパーニュ 新入荷

NEW!!

商品番号 2011-1-211-s

通常価格66,000円のところ
販売価格
59,800円(税込)

[598ポイント進呈 ]

[ 送料込 ]

ギフト箱(有償)
数量
  • 友達にメールで知らせる
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品イメージ

商品イメージ商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next


シャンパーニュのルイ・ロデレールのプレスティージュキュヴェ「クリスタル」は、来年1月発売の2012ヴィンテージから、100%ビオディナミのブドウで造られる。シェフ・ド・カーヴのジャン・バティスト・レカイヨンが「新しいページをめくった」と自負する自然派ワインを試飲しながら、ブドウ栽培の歴史から現在のワイン造りまで聞いた。

1999年にメゾンのシェフ・ド・カーヴとなったジャン・バティストは、2000年からサステイナブル、ビオロジック、ビオディナミにトライし、ビオディナミの効果を確認した。熟度が高くなり、pHは低くなった。2018年には自社畑240haのうち126haが、AB(Agriculture Biologique)からビオロジックの認証を得た。10年以内にすべての畑のビオロジック認証を目指している。

ビオロジックで耕作する畑も実際には、ビオディナミを実践している。クリスタルの2008ロゼはすべてビオディナミのブドウから造られ、クリスタル2012のブランがこれに続いた。クリスタルはブランもロゼも2012ヴィンテージからビオディナミとなった。

ジャン・バティストは、1940-1950年代をこう振り返る。当時は畑がすき入れされ、収量が低く、糖度が高かった。1947、1949、1959、1962年などを試飲すると、熟度が高く、ドザージュは少なく、凝縮度が強い。1940、1950年代のシャンパーニュはその時代の味がするという。

「ブドウに限らず、1970年代からすべての農産物に農薬を使うようになった。シャンパーニュでは収量が高まり、すき入れをしなくなった。ブドウが熟さず、酸が高かったのを、醸造でカバーしてマチエール(構成要素)を出して、まろやかにしようとして、マロラクティック発酵をするようになった」

ジャン・バティストはビオディナミによって、ルイ・ロデレールの畑が当時の状態に戻ったと考えている。「クリスタル2012は1990年代、2000年代とは違うバランスがある。新たなページをめくった」と自負する。糖と酸のバランスがとれていて、フィネスとエレガンスが詰まっている。
ワインレポート(山本昭彦氏)より抜粋



生産者ルイ ロデレール
Louis Roederer

ワイン名クリスタル
Cristal

ヴィンテージ2012

容量750ml

解説パーカーポイント: 97+点
予想される飲み頃:2022 - 2050


Aromas of clear honey, crisp green orchard fruit, white peach, pastry cream and dried white flowers introduce the 2012 Cristal, a full-bodied, concentrated and powerful wine thats built for the cellar. Broader, more textural and more muscular than the 2008 Cristal, with seemingly even greater reserves of structuring dry extract, the 2012 is incisive and searingly chalky. This is the first Cristal produced exclusively from organically farmed fruit, and it marks the opening of a new chapter for Louis Roderer. The blend is 60% Pinot Noir and 40% Chardonnay, vinified without malolactic fermentation and disgorged with 7.5 grams per liter dosage. Chef de Caves Jean-Baptiste Lecaillon has once again excelled himself.
(December 2019 Week 2, The Wine Advocate, 13th Dec 2019)


ルイ ロデレール一覧へ