商品カテゴリ一覧 > シャンパーニュ > ルイ・ロデレール > ルイ ロデレール クリスタル 2012 1ケース 6本 ルイロデレール ルイ・ロデレール シャンパン シャンパーニュ

ルイ ロデレール クリスタル 2012 1ケース 6本 ルイロデレール ルイ・ロデレール シャンパン シャンパーニュ
ルイ ロデレール クリスタル 2012 1ケース 6本 ルイロデレール ルイ・ロデレール シャンパン シャンパーニュ
ルイ ロデレール クリスタル 2012 1ケース 6本 ルイロデレール ルイ・ロデレール シャンパン シャンパーニュ

【パーカーポイント 97+点】
ルイ ロデレール クリスタル 2012 1ケース 6本 ルイロデレール ルイ・ロデレール シャンパン シャンパーニュ

NEW!!

商品番号 2011-1-211cs

通常価格250,800円のところ
販売価格
178,000円(税込)

[1,780ポイント進呈 ]

[ 送料込 ]

■他商品との同梱は不可とさせていただきます。
数量
  • 友達にメールで知らせる
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


生産者ルイ ロデレール
Louis Roederer

ワイン名クリスタル
Cristal

ヴィンテージ2012

容量750ml

解説パーカーポイント: 97+点
予想される飲み頃:2022 - 2050


Aromas of clear honey, crisp green orchard fruit, white peach, pastry cream and dried white flowers introduce the 2012 Cristal, a full-bodied, concentrated and powerful wine thats built for the cellar. Broader, more textural and more muscular than the 2008 Cristal, with seemingly even greater reserves of structuring dry extract, the 2012 is incisive and searingly chalky. This is the first Cristal produced exclusively from organically farmed fruit, and it marks the opening of a new chapter for Louis Roderer. The blend is 60% Pinot Noir and 40% Chardonnay, vinified without malolactic fermentation and disgorged with 7.5 grams per liter dosage. Chef de Caves Jean-Baptiste Lecaillon has once again excelled himself.
(December 2019 Week 2, The Wine Advocate, 13th Dec 2019)



シャンパーニュのルイ・ロデレールのプレスティージュキュヴェ「クリスタル」は、来年1月発売の2012ヴィンテージから、100%ビオディナミのブドウで造られる。シェフ・ド・カーヴのジャン・バティスト・レカイヨンが「新しいページをめくった」と自負する自然派ワインを試飲しながら、ブドウ栽培の歴史から現在のワイン造りまで聞いた。


1999年にメゾンのシェフ・ド・カーヴとなったジャン・バティストは、2000年からサステイナブル、ビオロジック、ビオディナミにトライし、ビオディナミの効果を確認した。熟度が高くなり、pHは低くなった。2018年には自社畑240haのうち126haが、AB(Agriculture Biologique)からビオロジックの認証を得た。10年以内にすべての畑のビオロジック認証を目指している。


ビオロジックで耕作する畑も実際には、ビオディナミを実践している。クリスタルの2008ロゼはすべてビオディナミのブドウから造られ、クリスタル2012のブランがこれに続いた。クリスタルはブランもロゼも2012ヴィンテージからビオディナミとなった。


ジャン・バティストは、1940-1950年代をこう振り返る。当時は畑がすき入れされ、収量が低く、糖度が高かった。1947、1949、1959、1962年などを試飲すると、熟度が高く、ドザージュは少なく、凝縮度が強い。1940、1950年代のシャンパーニュはその時代の味がするという。


「ブドウに限らず、1970年代からすべての農産物に農薬を使うようになった。シャンパーニュでは収量が高まり、すき入れをしなくなった。ブドウが熟さず、酸が高かったのを、醸造でカバーしてマチエール(構成要素)を出して、まろやかにしようとして、マロラクティック発酵をするようになった」

 
ジャン・バティストはビオディナミによって、ルイ・ロデレールの畑が当時の状態に戻ったと考えている。「クリスタル2012は1990年代、2000年代とは違うバランスがある。新たなページをめくった」と自負する。糖と酸のバランスがとれていて、フィネスとエレガンスが詰まっている。
ワインレポート(山本昭彦氏)より抜粋



ルイ ロデレール商品一覧はこちら≫≫